検索
  • Gustavo Dore

チームに充分なリソースとサポート、コーチング、それに自主性の権限をわたすとどうなると思いますか?答えは、どうやらあなたが考えているものとは違うようです。




チームに充分なリソースとサポート、コーチング、それに自主性の権限をわたすとどうなると思いますか?答えは、どうやらあなたが考えているものとは違うようです。


これは社員の考え方によるものが大きい、ということを私は学びました。つまり:

正しい考え方+良い条件=素晴らしい成果。

正しい考え方+悪い条件=普通の成果。

間違った考え方+悪い条件=苦情と批判の嵐、説明責任の欠如。

間違った考え方+良い条件=自分で自分をダメにすることが多い。


企業文化とエンゲージメントにおいて、スタートアップの最高経営責任者(CEO)として始めた当時、私はチャンスを与えられればみんなが会社で成長できるだろうと思い込んでいました。だから、会社に対して、状況改善とメンタリング支援に取り組むよう繰り返し伝えてきました。今でもそれは変わりません。でも、変わったことがあるとすれば、昔はこういったことが全て会社側の責任だと思っていたのに対し、今では、社員側にも大きな責任があると考えるようになったことです。


自分で自分をダメにしてしまうことについて、もう少し掘り下げてみたいと思います。私の経験では、必要なものを全部与えられると、人は前進を止めます。時間を浪費し始め、仕事が終わらなかったり、目標達成できなかったことへの言い訳を探します。こういう状態の人たちは、役立たずであることがばれないよういつもビクビクして、誰かが自分を降格させようとしてるんでは、と恐れています。これについては、Brene Brownが彼女のNetflixショーで話しているので見てみてください。 https://www.youtube.com/watch?v=gr-WvA7uFDQ


私のかつての大学で、いつも甘やかされて育った学生ばかりを集める教授がいました。裕福な家庭の学生や、家柄の良いような学生とかね。私はその中で、他の人とは違うなあと感じていました。私は、ブラジルの田舎から来た一般家庭の出身で、平均的な学位でした。だから聞いたんです。どういう尺度で学生を選んでいるのかとね。そしたら、その教授の答えには衝撃を受けました。


「学生を選ぶ基準は経歴じゃないよ。自分が何かを成し遂げられる、という自己効力感を持っているやつを選ぶんだ。家庭の影響かもしれないし、有名校の教育の結果かもしれないが、それ自体は関係ない。彼らは、自分が達成できる、という事について強い自己効力感を持っているから、ただそうしているんだ。」


少なからず、自分に対する自己効力感が要因であることがわかります。だから、自分に対して懐疑的な人、世界に対しても不信感でいっぱいで、自分を過小評価し、周りの人間はいつも何かを企てていると思ってしまうような人、または何らかの理由で周りと自分を比較して劣等感を感じるような社員は、いつも問題になります。長くは一緒に働けないでしょう。



この本に書かれています。 A Second Chance: For You, For Me, And For The Rest Of Us(英語版)https://www.amazon.co.jp/dp/B078KMXXY8/ref=cm_sw_r_cp_apa_i_ByG2CbK2P9PCQ

自分に自己効力感を取り戻すには何年もかかります。そのための仲間、グループ、日々行うべきことについてのプログラムがこの本に書いてあります。


選んでください:チームの自己効力感を高めるか、自己効力感のある人を雇うか。行き過ぎた自己効力感喪失は毒になりえます。


What happens when you give all resources, all support, coaching and autonomy to your team? The answer is different from what you think.


I have come to learn that it depends a lot on the employee mindset. Right mindset + right conditions = great work. Right mindset + poor condition = middle work. Wrong mindset + poor conditions = a lot of complaints and blaming, lack of accountability. Wrong mindset + right conditions = a lot of self sabotage.


In those years as CEO of a startup on Company culture and Engagement, I was biased to say that all people, given the chance, would be able to grow in our company. I preached companies to work on improving conditions and mentoring support. I still do. But one thing that has changed is that I thought it was all at the companies’ fault, and now I believe the employee has a lot of responsibility for it as well.


Let me go deeper in the self-sabotage thing. What I learned is that some people, when given all they need, they actually stop themselves from going forward. They start wasting time, trying to find other reasons why the work was not finished or the target not accomplished. They actually fear to be discovered useless, or fear that someone is actually trying to take them down. Brene Brown talks about it on her Netflix show. https://www.youtube.com/watch?v=gr-WvA7uFDQ


I had a university professor that used to choose always the spoiled students to be around him. Students from Rich families or with some kind of pedigree. I was there in the middle but I felt different from the others. I am from Brazil countryside from an average family with an average degree. So I questioned his choice of people and his answer blew my mind.


“The students I am choosing is not from their background, I am choosing them because they have confidence they can achieve something. This might have come from their family or their prestigious school, but that is not the point. They have more confidence they can achieve, therefore they just do.”


Turns out self confidence is a bit factor. So every time I get an employee that is full of doubts about themselves, full of doubts about the world, who depreciate themselves, who thinks people are conspiring against them, or for any reason, start to compare around and feel inferior, that employee will be a problem. It will not go very far.


As written in the book A Second Chance: For You, For Me, And For The Rest Of Us (English Edition) https://www.amazon.co.jp/dp/B078KMXXY8/ref=cm_sw_r_cp_apa_i_ByG2CbK2P9PCQ

It takes years to create confidence in yourself again. The book even has a program for it, which takes a support buddy a support group and daily routine.


Now you have a choice: grow your team confidence or hire confident people. Too much self doubt around is poison.

126回の閲覧

This is the official Gustavo Dore Rodrigues' personal blog, podcast and contact info.ドレ・グスタボのブログ、ポッドキャスト、連絡先。dore@motify.workIt is all about work.

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black LinkedIn Icon
  • Black Instagram Icon