検索
  • Gustavo Dore

偉大なマネージャーを形成するものは何か?ナイキ創業者とリクルートテクノロジーズ元社長からの教訓




最近、伝記にハマっている。今まで読んだ中で一番良かったのは、ナイキの創業者フィル・ナイトの伝記だ。彼は76歳の時に回顧録を書いているので、ナイキ以外にも彼の人生そのものの回顧録にもなっている。76歳にして、どれだけお金を持っているか、どんなビジネス上の決断をしてきたかにかかわらず、心に残ったのは彼の人間関係だ。この本のほとんどは、会社内の人々、特に彼が人生を共にしたマネージャー達について書かれたものだ。 今日は経営者に不可欠なスキルについて話したい。


私の経営におけるメンターは中尾さんだ。彼は、私が所属していた頃にリクルートテクノロジーズのCEOを務めていた人で、退職後は経営に関する本の著者となった。アマゾン上のプロフィールはこちら:中尾隆一郎。私が彼から学んだ数え切れない教訓の中でも、2つの基本原則が頭に染みついている。 1) マネジメントとリーダーシップは別物である。 2) マネジメントには2つのコア領域がある。すなわち、プロジェクトマネジメントと人材マネジメントである。


1) リーダーシップマネジメントの違い リーダーシップとマネジメントの違いとは何だろう?リーダーシップとは、共通の目標に向かって人々をリードして、何かを前進させるために責任を取ることだ。マネジメントとは、何かを実現するためにリソースを管理することだ。両方とも学ぶことができるが、自然にリーダーになることはできても、自然にマネジメントができるようになるのは稀である。複雑なタスクのマネジメントは、人類の大多数にとって比較的最近始まった現象なのだ。まだDNA内に染みついていないので、学ぶ必要があるという訳だ。 ナイキの物語の中では、フィル・ナイトがリーダーとしての自分を見せている場面をいくつか見つけることができる。グループのために決断を下し、自分のビジョンをもってチームを動かす人。同時に、彼が部下の手紙を無視したり、人を育てるために時間を割かなかったりする場面や、多くの変転を自分の人材マネジメントの未熟さのためだとしている場面もいくつかある。彼は、マネジメント能力をもたない天性のリーダーだったのだ。ただし、心配はいらない。彼はマネジメント能力を途中で習得していく =) 2) プロジェクトマネジメントと人材マネジメント プロジェクトマネジメントでは、タスクの小分け、スケジューリング、個人的な時間管理、割り当て、委任などのスキルが必要となる。人材マネジメントでは、目標設定、1対1のミーティング、個人キャリアコーチングなどのスキルを身につけなければならない。 プロジェクトマネジメントの中では、私なら「戦略思考」と「チームとのコミュニケーション」をコアスキルとするだろう。これがなければ、肩書きではマネージャーになれても、実際にはただの「上司」、すなわち人に命令するだけの存在になってしまうかもしれない。さらに、有能なマネージャーにはもう一つのスキルがあり、それは自分で決めたことを「実現する」力である。すなわち、タスクを分解して、カレンダーに書き入れていき、人に割り当てることで、物事を成し遂げる力だ。それができたら、人を動かさなければならない。その時に初めて、人材マネジメントが必要になるのだ。 人材マネジメントでは、「様々な人との様々な付き合い方」が最も重要だとして付け加えたいと思う。それぞれのチームメンバーには、それぞれのモチベーションやコミュニケーションスタイルがあり、これは尊重する必要がある。その上で、期待や目標を管理することが、会社の成功の鍵となるだろう。チームとしての成功とは何か、各個人にとっての成功とは何かを定義するのは、大変な作業だ。私は、経営者のほとんどが結果せずに失敗している場所はここだと感じている。彼らは、人々が自分は何をすべきか、何が期待されているかを知っていると思い込んでいる。これほど真実とかけ離れた思い込みはない。 マネージャーになるのは、簡単な仕事ではない。学ぶべきことがたくさんある。私からは、あなたが自分の道を切り開くための簡単な地図を示せればと思う。 WelcomeHRでは、リーダーとして、またマネージャーとして、私は最善を尽くしている。必ずしもいつも両方うまくいくわけではないが、それでもできるだけの最善を目指し続けている。私のチームは、私が描いたこの共通目標を実現するために、自分の人生の一部を捧げることを決心した。私にできることはせいぜい、常にベストを尽くし続けることだ。また、顧客企業にもマネージャーの育て方や、より生産的な環境を作る方法を教えてもいる。当社メソッドに興味を持ったのなら、ぜひ問い合わせていただきたい。


How to train your managers? Lessons from Nike Founder and Recruit Technologies founder. I got into biographies lately. The best one I have read so far is the one from the Nike founder Phil Knight. He wrote his memoir as a 76-year-old man, so besides Nike, it also doubles as a memoir of his life. At 76, even with all the money you can have, and all the business decisions you made, what stuck is his relationship with people. Most of the book is about the people in the company, especially his managers with whom he shared his life. Here is a link for the book: Shoe Dog Today I will talk about the essential skills for a manager. My mentor in Management is Nakao San. He was the CEO of Recruit Technologies when I was there, and after he left, he became an author of Management books. Here is the link to his Amazon profile:Nakao Ryuichiro. From the uncountable lessons that I learned from him, two fundamental principles stuck. 1) Management and Leadership are two separate things. 2) There are two core areas in Management: Project Management and People Management. 1) Leadership vs. Management. What is the difference between Leadership and Management? Leadership is about taking the responsibility to move something forward, leading people towards a common goal. Management is managing resources to make something happen. You can learn both, but while you can be a natural leader, it's rare to be a natural in Management. Management of complex tasks is a relatively recent phenomenon for most of humanity. It is still not ingrained in our DNA, and, therefore, we need to need to learn. On the Nike story, you can see several passages in the book where Phil Knight shows himself as a leader. Someone who makes the decision for the group and moves the team with his vision. At the same time, you see several passages where he ignores his subordinate's letters, he does not take time to train people, and he even attributes a lot of turnovers to his inexperience in people management. He was a natural leader without management skills. But don't worry, he learns it along the way. =) 2) Project Management + People Management For project management, you have skills like task breakdown, scheduling, personal time management, assignment, delegation. For people management, you have to master skills like Goal setting, 1-1 meetings, and individual career coaching. Inside Project management, I would put "Strategy Thinking" together with "Communication with the team" as the core skills. Without this, this person can be a manager by the title, but in reality, they might be just a "boss," ordering people around. Now, effective managers have another skill, which is the power to "realize" whatever they decided to do. That means breaking down tasks, putting them up into a calendar, and assigning them to people, so things get done. Once this happens, they need to get people moving. That is when People management becomes essential. For people management, I will add "dealing with different people in different ways" would be the most important. Each team member will have their motivations and communication styles that we need to respect. After that, managing expectations and goals would be the key to the success of the company. Defining what success looks like as a team and for each individual is an arduous task. I feel that here is where most of the managers fail to accomplish results. They believe people just know what to do and what is expected of them. They could not be farther from the truth. Being a Manager is not an easy job. There is a lot to learn, and I hope I could give you a simple map for you to start creating your path. At WelcomeHR I try my best to be a leader and a manager. Not always I accomplish both well, but I keep striving for the best I can. My team decided the devote a part of their lives to realize this common goal that I envisioned. The least I can do is keep doing my best, always. We also teach other companies how to raise managers and create more productive environments. If you are interested in learning about our methods, please get in touch.

0回の閲覧0件のコメント