検索
  • Gustavo Dore

解雇、雇用、辞職する。可能性の時代についての変化。Firing, Hiring, Quitting in the era of possibilities.


次のアドベンチャーに行こう!Let's go on a new adventure!

解雇や、雇用や、人々が自分で職を辞することに慣れましょう。外の世界にはたくさんの可能性があって、ミレニアル世代はそのすべてに挑戦したがってるのですから。


私の妻の妹はシェフになるために看護師の職を辞しました。別のMotifyの元従業員は大学で博士号を取って研究職に就くために会社を去りました。別のデザイナーの友人は家を建てる仕事を辞めてデザイナーになり、現在は大企業のとても重要なチームを管理しています。


さまざまな業界のキャリア変更についてもっとお話することができます。非常におすすめの本が1冊あるのですが、それはボブ・トビンの『10年後、後悔しないための自分の道の選び方』です。ボブ・トビンは慶応大学での私の恩師で、後に画廊にすべての時間を捧げるために大学を辞めています。この本では彼は昔の教え子の多くにインタビューして、キャリア変更から数年間で彼らの人生に何が起きたかを記しています。


解雇はマネージャーやCEOの仕事の中でも容易な部分であったことはありません。従業員が自分の目標を達成できていない時に、その人と話して、辞職できるように手配する評価システムを作成しましょう。システムがなければ、気まぐれに解雇をしているように見えかねず、他の人々に誤ったメッセージを送ることになってしまいます。仕事そのものを重視するのではなく、人が自分の仕事を続けるということを個人的に喜ぶようにしましょう。


つまり私に言えることは、近くで一緒に働きたい人とのパイプラインを維持すべきだということです。時折求職者候補に会って、人々の仕事の状況を確認し続けましょう。それは長いプロセスとなりますが、仕事が大量にある時代には辞職することはこれほど容易ではありませんでした。人々を長期間維持することはこれほど難しくはありませんでした。


このことを受け入れて、自分の一部にしましょう。




Firing, Hiring, Quitting in the era of possibilities


Get used to firing, hiring and people leaving by themselves. There is just so many possibilities out there that the millennials wants to try them all.


My wife's sister left a career as a Nurse to become a chef. Another Motify ex-employee abandoned corporate for a doctorate and a career in the Academy. Another designer friend abandoned a job in construction building houses to become a designer and now manages a super important team at a big corporation.


I can go on and on about career changes that go across industries. One book a deeply recommend is 10年後、後悔しないための自分の道の選び方 from Bob Tobin. He was my teacher at Keio and eventually left to dedicate full time to his art gallery. In the book he interviewed lots of his old students and what happened with their lives several years after their career change.


Firing was never the easiest part of the job as a manager or CEO. Create a system of evaluation that when people are not meeting their targets, you can talk with them and arrange for them to leave. Without a system, it might look like you are firing at your whim, which sends the wrong message to everyone else. That they should please you personally to keep their jobs instead of focusing on the work itself.


In summary, all I can say is that you should just keep a pipeline of people that you would like to work with close by. Keep meeting possible candidates sporadically, keep checking on people work status. It is a long process, but in the era of abundant jobs, it was never so easy to quit. It was never so hard to keep people for a longer period of time.


Live with it, make it part of you.

0回の閲覧

This is the official Gustavo Dore Rodrigues' personal blog, podcast and contact info.ドレ・グスタボのブログ、ポッドキャスト、連絡先。dore@motify.workIt is all about work.

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black LinkedIn Icon
  • Black Instagram Icon